事務所理念

-時を経ながら馴染む、自分らしい暮らしのできる住まい-

小さなエネルギーで暮らせる家。

自然のチカラを採り入れたり、閉じたり。

そんなコトを大切にしながら、

お客様と共に居心地の良い、

おおらかな空間を創り上げていきたい。

スピカ建築工房は家づくりを行うお客様と真摯に向き合い、

ひとりでも多くの方が快適な暮らしをしていただける事を願っています。

(さらに…)

スピカのしごと 住まい・インテリア

薬局にカラーセラピー効果を♪_調剤薬局

関東は少し過ごしやすい日があったかと思えば、、、

この夏最高の気温となったり、体調管理の難しい日々が続きますね。

エアコンは苦手だったはずの私も、エアコン自動運転の中で仕事をする日々です。

 

 

お盆に入りましたが、現在進行中の調剤薬局の現場は着々と進行中。

お休み返上で現場に入ってくれている、監督のHさんYさん、

そして職人さんたちには頭が下がります。

 

このお仕事は「今までの調剤薬局にはないイメージにしたい」とご要望をいただいていました。

薬局ということもあり、「色の癒し効果」をインテリアに採り入れての提案に、薬剤師さん始めオーナーさん達にも受け入れてもらえてのスタート♪

病院や薬局など健康に関わる場所で、色の効果といえばビタミンカラーのオレンジやグリーンが多い、、、と思います。

 

ビタミンカラーには、はつらつとした効果があると言われていますが、

体調が悪いときに「頑張って!」とオレンジで元気づけられるのは、ちょっとヘビーかなぁ。。。

(モチロン、それで頑張れる時もあると思います)

お薬をもらいに来る時に、もう少し、穏やかでいたい時もあるのでは、、、、

ということで、リラックス効果の高い「桃色」を基調にしてみました。

 

無垢の床材に塗装と左官を取り込むので、先日はカラーワークスさんにて最終の色確認。

塗装見本を広い面で確認して、決定してきました。

ピンクはファロー&ボウルのNO.246

CINDER ROSE

抑えめのピンクで癒し効果を。

左官壁も調色してもらうため、職人さんと何度か打合せ。

調剤薬局は、塗装と左官と木で構成された空間になる予定ですが、

外観もタイルと左官で構成されるため、、、、

道行く方々には飲食店ができるのか?と思われているようです。

 

薬局は開局までに法的な道のりが長く、、、、

保健所検査は今月なのですが、オープンは10月1日の予定です。

どきどき。

 

今日もここまで読んでいただき、ありがとうございました。

皆さまにとって、住まいが心地よい場所でありますよう。

よろしかったら、過去記事も♪

暮らしを楽しむ、色を楽しむ。家づくりhistory_りすと暮らすいえVOL.2

美しい発色~絹クロス

 

日本ブログ村ランキングに参加しております。

読んだよ!のぽちっとクリックしていただけましたら、励みになります♪

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村