事務所理念

-時を経ながら馴染む、自分らしい暮らしのできる住まい-

小さなエネルギーで暮らせる家。

自然のチカラを採り入れたり、閉じたり。

そんなコトを大切にしながら、

お客様と共に居心地の良い、

おおらかな空間を創り上げていきたい。

スピカ建築工房は家づくりを行うお客様と真摯に向き合い、

ひとりでも多くの方が快適な暮らしをしていただける事を願っています。

(さらに…)

日々のこと 書籍 感動の!できごと

家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない(ル・コルビュジエの言葉)_映画人生フルーツ

家は暮らし(生活)の宝石箱でなくてはいけない。_建築家ル・コルビュジエ

昨日はいいひさんを誘って、「人生フルーツ」という

ドキュメンタリー映画を観てきました。

↓ 映画パンフレットより

冒頭の言葉は映画の中でも、樹木希林さんのナレーションで語られていますが、

夫の津端修一さんは建築家。

建築家アントニン・レーモンドに師事し、レーモンド事務所後は

かつての日本住宅公団にお勤めだった方。

東京では「阿佐ヶ谷住宅」「多摩平団地」などを手がけられ、

その後愛知県の「高蔵寺ニュータウン」のマスタープランに関わります。

そこでは当時としては画期的な、土地の起伏も利用し風の通り道になる雑木林を残し、

人間らしい暮らしを彩る配置計画がなされていたそうです。

ですが、時は東京オリンピックを控えた高度成長期(今の朝ドラの世界ですね)。

津端さんの想いとは裏腹に、従来通りのいわゆる「団地」として建設されます。

それを境に建築設計の仕事からは距離を置かれ、大学教授としての道を歩み、

ご両親が津端さんと暮らそうと購入された、

高蔵寺ニュータウンの一画の土地を譲り受けて自邸を建てます。

雑木林が失われてしまったニュータウン内の、自らの敷地内に雑木林を作り、

妻の英子さんがキッチンガーデンを作りました。

そこから40年。

夫の修一さんは90歳。妻の英子さんは87歳。

雑木林は立派に育ち、キッチンガーデンの野菜や果樹を育てながら、

日々の暮らしを紡ぐ姿を追っています。

 

残念ながら私はこの映画を知るまで、建築家としての津端さんのことも、

半自給自足の生活を送られている、お二人のことも存じ上げませんでした。

ただ、「阿佐ヶ谷住宅」の存在は知っていて、

結婚後に杉並区在住だった時期があったため、毎朝自転車で阿佐ヶ谷住宅の

敷地内を抜けて通勤していたことも。。。

樹木の育った阿佐ヶ谷住宅は隣棟間隔が広く、とても気持ちの良い団地でした。

閉鎖される時には、団地内で行われた企画展に私も足を運び、

無くなることを惜しみましたが、その設計者が津端さんだったことに

驚きと、そして納得もしたのでした。

 

著書も何冊かあり、私が読んだのはこちら↓

本を読むより、映画を観てからの方がより伝わりやすいかもしれませんが、

単なるスローライフという言葉で置き換えては欲しくない、お二人の生き方、その人生観に感動しました。

 

3食と10時と3時のおやつの時間を大切にし、

その口に入るものを、丁寧に育てる。

日々を淡々と、そして単々と。

四季を感じる雑木林と共に。

飽きることなく。

暮らす。

 

単調な日々の積み重ねを

幸せと呼ぶのなら、

それが宝物であり、宝石であり、

巨匠コルビュジエは、住まいとは日常を包み込むものであると

考えていたのでしょうか。

津端さんご夫妻の暮らしを知ると、映画のキャプションにこの言葉を選んだことも

よくわかります。

そう思ったら、2011年にいいひさんと訪れた、

コルビュジエの住宅を思い出しました。

↓ サヴォア邸

また行きたいなぁ。。。

津端さんのご自宅は、師事されていたレーモンドの自邸に倣った、

木造平屋の建物。

元はアトリエのつもりだったそうです。

空を切り取る高窓が美しく、印象的でした。

 

奇しくも(という程の話ではありませんが、、、)

目黒にもレーモンド設計の教会があり、

実はその教会で結婚式を挙げた私。

感動と共に妙な親近感を覚えたのでした(単純?)。

↑聖アンセルモ教会(レーモンド事務所のサイトよりお借りしました。)

 

昨日の映画の感動が大きく、、、

映画パンフレットを読み、更に涙したため、

今日はちょっと泣き疲れ^^;デス。。。

 

今日もここまで読んでいただき、ありがとうございました。

皆さまにとって、住まいが心地よい場所でありますよう。

 

よろしかったら過去記事も♪

花筏(はないかだ)~その名前に惹かれて

仲間たちと共に_久しぶりの自力再生

心に沁みるコトバ~ピカソの名言

 

日本ブログ村ランキングに参加しております。

読んだよ!のぽちっとクリックしていただけましたら、幸いです♪
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村