事務所理念

-時を経ながら馴染む、自分らしい暮らしのできる住まい-

小さなエネルギーで暮らせる家。

自然のチカラを採り入れたり、閉じたり。

そんなコトを大切にしながら、

お客様と共に居心地の良い、

おおらかな空間を創り上げていきたい。
スピカ建築工房は家づくりを行うお客様と真摯に向き合い、

ひとりでも多くの方が快適な暮らしをしていただける事を願っています。

(さらに…)

お散歩・旅 学び 素材

近くの山の木_多摩産材ツアーに参加してきました。

22日〜23日とウッドマイルズフォーラム主催の

多摩産材ツアーに参加してまいりました♪

林産地見学は久しぶり。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2日かけて、

多摩の原木市場→森林見学→製材所1→多摩産材使用のモデルルーム見学

→製材所2→多摩産材使用の木造保育園

と、見学させてもらいました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

原木丸太の「多」の刻印は、多摩産の証。

こちらでは森林認証材も扱っているそうです。

各製材所の担当者の目利きで競りおろされて、

その後製材所へ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

原木はここで樹皮を剥かれ、↑

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

製材されていきます↑

このままでは、まだまだ水分量が多いため、

木材の含水率を下げるために、乾燥機へ(人工乾燥と呼びます)↓

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回見学させていただいた製材所では、使用材によって

天乾(天然乾燥)も取り入れながら、中温乾燥という65℃位の温度域の

蒸気を利用して乾燥していました。

木材乾燥については、様々な方法があり一長一短ではありますが、

まずは含水率を下げる必要があるので、きちんと製品管理をされていることが

大前提のうえ、各製材所の考え方が反映されているなと感じます。

 

森から切り出せるまでの長い期間を経て、

原木から製材されるまでも人の手によって、

ようやく現場で使用できるようになる木材。

さらに職人さん達の手によって、使われていく。。。

永く永く、大切に住んでもらえるよう

私たち設計者は、心地よい家を創り出していきたいな。

そう、強く感じました。

 

見学させていただいた関係者の皆様、

そして2日間楽しくご一緒できた同行者の皆様、

ありがとうございました。

 

関東は初雪!

みなさま、お気をつけ下さいね。
今日もここまで読んでいただき、ありがとうございました。

皆さまにとって、住まいが心地よい場所でありますよう。

 

よろしかったら過去記事も♪

材木屋の原点?木挽き(こびき)職人

天竜の森を知っていますか?

天竜の森その2

 

日本ブログ村ランキングに参加しております。

読んだよ!のぽちっとクリックしていただけましたら、幸いです♪

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村