事務所理念

-時を経ながら馴染む、自分らしい暮らしのできる住まい-

小さなエネルギーで暮らせる家。

自然のチカラを採り入れたり、閉じたり。

そんなコトを大切にしながら、

お客様と共に居心地の良い、

おおらかな空間を創り上げていきたい。

スピカ建築工房は家づくりを行うお客様と真摯に向き合い、

ひとりでも多くの方が快適な暮らしをしていただける事を願っています。

(さらに…)

構造・構法 ユニットしごと 千鳥のいえ_土間三和土を持つ土壁の家

仮組み_千鳥の家増築工事

梅雨に入ったというのに、暑さの心配をするような今日この頃。

日本の四季も曖昧になっている感じがしますね。

ここのところ、ブログ更新が滞りがち。。。(いつも?)

熱海の増築工事の現場も着々と進んでいますので、

少し現場の記事をUPしたいと思います。

 

ここは築6年になろうとする、ゲストハウス。

敷地内にはユニットで手がけたRC造の本館と蔵、

そしてスピカ建築工房で手がけた、木造の離れがありました。

 

 

今回、2期工事としてRC造と木造をつなぐ事になり、、、

建築基準法上、そして構造上成り立たせるため、

かなりハードルが上がってしまい、小さな空間なのですが、

施工の難易度も高く、現場は右往左往しています。

配筋検査も4回!(平家なのに、、、、)

RC部と木造をつなぐため、エキスパンションを計3箇所取っています。

 

木造部は離れと同じく、手刻みの伝統構法。

小さいけれど、柱梁に「貫(ヌキ)」そして小舞を掻いた土壁で

構成された建物となります。

RC部の打設が終わると、木造部の建て方。

建て方前には、「仮組み」が行われました。

 

刻んだ材木を仮に組んでみるのですが、ここで確認してまたバラして

現場に運んできます。

機械で行うプレカットには無い作業。

手仕事ならではの作業です。

組んだあともバラして移動する事ができるため、

古民家移築や再生などが可能なわけですが、

伝統構法の現場では、日本の伝統技術の素晴らしさを感じます。

 

RC部の最後のコンクリート打設は来週。

上棟は今月末の予定です。

お陽さまが味方についてくれますように(๑ↀᆺↀ๑)✧

 

今日もここまで読んでいただき、ありがとうございました。

素敵な週末を!

皆さまにとって、住まいが心地よい場所でありますよう。

 

よろしかったら過去記事も♪

新しい息吹_徳の蔵

竹小舞~美しき下地材

もうすぐ上棟~建て方開始

竣工5年_千鳥のいえ

 

日本ブログ村ランキングに参加しております。

読んだよ!のぽちっとクリックしていただけましたら、励みになります♪

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村